サイトメニュー

精神科や診療内科に通う人

悩む男性

うつ病で障害者年金をもらうという選択

障害者年金うつ病を受け取るかどうか選ぶ基準についてお伝えします。障害者年金とは、病気や怪我によって日常生活や仕事に支障が出た場合に利用できるサービスです。障害者年金の対象者は病気や怪我の種類によって決まっているわけではありません。日常生活や仕事に支障があるかどうかで判断されて、支給されます。うつ病も生活や仕事に影響を及ぼす場合は障害者年金の対象になります。しかし、状態が悪いからといって全てのうつ病の人が障害者年金をもらえるわけではありません。今まで公的年金を十分に納めていない人は年金を受け取ることができません。うつ病による障害の程度によって受け取れる金額も異なります。さらに障害者年金うつ病の条件を満たしていても、年金をもらうための手続きはかなりの手間がかかります。たくさんの書類を間違いのないように揃えなければなりません。周囲に助けてくれる人がいない場合、お金を払って社労士に依頼する人もいるようです。また病院でうつ病だと診断され、すぐに申請手続きをしたとしても、年金を受け取れるまでには最短で2年1か月ほどかかります。書類にミスがあって修正したり、再申請したりした場合はさらに長い時間がかかります。年金を受け取るまでに長い時間がかかると、その間に休養を十分にとって回復するという人もいます。しかし、いつ回復して仕事に復帰できるかは誰にもわかりません。回復することなく仕事もできないような悪い状態が続いてしまった場合は、収入がなく生活にも困ってしまいます。そのような場合、障害者年金がもらえると安心なので、念のため申請しておくという選択もあります。状態が悪い時に生活の心配をせずに、ゆっくり体を休められることは、回復した後に仕事を続けていくことにもつながります。

障害者年金うつ病でもらえる金額やメリットについてお伝えします。障害者年金うつ病でもらえる金額は、うつ病で始めて病院に受診した日に、国民年金に加入していたか厚生年金に加入していたかによって異なります。厚生年金に加入している人の方が、うつ病による障害の程度が低くても障害者年金を受け取ることができ、その金額も多くなります。うつ病の障害の程度で1級か2級に認定されれば、国民年金でも障害者年金を受給することができます。しかし日常生活は可能だが、労働が制限を受ける状態である3級に認定された場合は、厚生年金に加入していないと障害者年金を受給することができません。さらに厚生年金に加入していると、国民年期でもらえる障害基礎年金の金額に加えて、報酬比例の年金額が支給されます。その上、障害の程度が3級でも報酬比例として、最低58万4500円が支給されます。ちなみに障害基礎年金の金額は、1級だと1年間で97万4125円、2級だと77万9300円です。うつ病を治すためには、十分な休養が必要だと言われています。障害者年金を生活費として利用することで、無理せずに仕事を再開することができるでしょう。サラリーマンとして働いて厚生年金に加入していた人が、うつ病になって仕事を辞めてしまった場合、仕事を再開しても年金がもらえる可能があります。ちょっと回復したら少しずつ仕事を再開していきたいと考えている人は、年金の担当者に相談してみましょう。仕事を再開しても、すぐには病気になる前と同じように働けず、しんどくなってまた辞めてしまう人もいます。それを避けるために障害者年金を利用し、生活費の心配をせずゆっくり休むことが、仕事を再開して長く働き続けていくことに役立つでしょう。